公認会計士の仕事、それはとても魅力的な仕事です。具体的にはどのような魅力があるのでしょうか。

■経済があれば会計がある
経済活動を行っているところには必ず会計があります。そして会計があるということはそこには監査があるのです。会計と監査のプロとして公認会計士になる魅了は幅広く応用範囲がとても広いので経済社会のさまざまなシーンで活躍することができます。

最近がグローバルに活躍している人も増えていることで知られています。経営者のパートナーになって経営を助ける働きをする人もいますし、ベンチャー企業を公開して新たな収益を有無などさまざまな役割があります。プロとして経済社会に貢献をしていて、更に自分たちも常に努力をして目的に向かって進んでいるというのが現状です。

■グローバルな活躍も期待
最近はグローバルな活躍に関しても期待されていることが多いです。海外に進出している企業も増えていますので、そのような企業に対してのアドバイスなども行っているのです。海外進出が拡大するということは日本の中だけでなく海外で経済活動が展開されることになります。

監査の世界でもグローバル化はかなり進んでいます。こうしたグローバル化に伴ってしっかりとアドバイスをしていく必要があります。

■コンサルティング業務
コンサルティング業務で活躍している公認会計士もいます。公認会計士の仕事はほかの仕事と比べると活躍の場が様々でフィールドがとても広い点にあるでしょう。財務会計の専門家としてだけでなく、会計的なつながりを持ちつつ幅広い業種のコンサルティングも行っているのです。

このように幅広い活躍が期待されている公認会計士ですから、やりがいもありますし魅力ある仕事です。